カテゴリー
コラム

オフィスの整理に役立つトランクルーム

subimg05高度情報化社会の進展により、オフィスの様相もずいぶん様変わりしてきました。IT機器が占めるスペースが著しく増えています。パソコンやプリンターはもちろんのこと、コピー機、書類の収納スペース、会議や打合せスペースなどたくさんのスペースを必要としています。日常的に書類を作成したりする等、モノが増えていくばかりですので、作業スペースの確保も難しく、日常業務にも支障を来しかねません。また、事務所を借りているような場合は、家賃を支払わなければなりませんので、スペースの有効活用は切実な問題です。この場合に役立つのがトランクルームです。普段は使わないようなものを整理して、置いておくことができます。これにより、既存のスペースを広く使うことができ、スペース資源の有効活用ができます。

日本のビジネスは文書において進められます。このため、保存しておかなければならない書類は、山のようにあります。社内における意思決定過程を証する稟議書や取引先との履行内容を証する契約書など重要な書類があります。これらが存在するために、オフィス内の収納に収まらくなり、限りある貴重なスペースを占有してしまいます。文書は、文書管理規程により保存年限が定められていますので、その期間は保存する必要がありますが、保存しているすべてを事務室で保存しておく必要はありません。使用頻度が極めて低い書類をトランクルームへ収納することで、事務室のスペースを有効活用することにつながります。しかし、この場合においても、万一書類が必要になった場合に備えて検索しやすいようにしておく必要があります。書類毎、年度毎にまとめる等の整理をしておくことが重要です。

書類に限らず、事務室の移転や増改築、レイアウト変更などにより、使わなくなったデスクやパーテーションなどが出てくることがしばしばあります。廃棄するということも考えられますが、いつか使う時が来るとも限りません。そのほか、大量に発注したポスターやチラシ、イベント等の季節限定で使用する販促品なども、保管場所のスペースを取られてしまいます。これらのものも、トランクルームに収納してしまえば、必要な時だけ取り出すことができますので、スペースの有効活用が実現できます。タイプによって、棚付きの部屋もあったりしますので、種類毎に整理、分類して収納することに役立ちます。なお、保管するものの性質に応じて、湿度を一定に保つことができる等の機能を持った部屋を選択することも重要です。

カテゴリー
コラム

神奈川(横浜)でトランクルームをレンタルしてみた

subimg04一般家庭の収納にはさほどスペースを要しませんが、それが企業になると別です。保管義務のある資料はもちろんですが、パソコンやデスクを保管するには広いスペースを確保しなければなりません。自前の倉庫があれば別ですが、毎月の賃貸料金が経営を圧迫してしまうことがあります。オフィスが移転することもありますし、レンタルであれば有事の際にもすぐに対応することが出来ます。保管してある荷物はいつでも取り出すことが出来るので、セキュリティーを含めて信頼感が抜群のシステムと断言出来るのではないでしょうか。

そんな時に活用したいのが、トランクルームのレンタルではないでしょうか。トランクルームのニーズは年々上がっていて、企業の利用が増えているようです。神奈川県にはたくさんの企業がありますが、年間契約を結んで借りているケースが多いのではないでしょうか。最も多いのは横浜で、背景には物流の拠点であることが挙げられるのではないでしょうか。広さによっても異なりますが、毎月の利用料金が五千円程度で済むこともあります。女性の場合は洋服の保管に便利ですし、コストを考えると活用しない手はないのではないでしょうか。

もちろん、個人契約を結んでいる人が増えているのも事実です。趣味の用具は自宅に保管するのが難しいケースもありますし、借りておくことでいつでも取り出すことが出来ます。釣りやスノーボード愛好家にとっては、これほどありがたいシステムはないのではないでしょうか。車を趣味にしている人は多いですが、タイヤの保管場所としても活用されています。関東圏内においても、年に数回は大雪の危険性があります。冬用のタイヤやチェーンを準備しておくことで、危険回避にも繋がるのではないでしょうか。もちろん、様々なコレクションを保管するにも便利だと言われています。フィギュアを収集しているマニアもいれば、ジオラマが好きなマニアもいます。この二つの趣味を続けるには、広くて安全な保管場所が必要になります。自宅のスペースを使うと手狭になりますし、使わない時には安全な場所に保管をするのがベストではないでしょうか。核家族化が進んでいる日本においては、マイホームのコンパクト化が進んでいます。倉庫や収納場所を確保していない建築構造になっています。そんな時こそ、トランクルームの出番ではないでしょうか。見学することも自由ですし、用途は無限に広がっているのではないでしょうか。

カテゴリー
コラム

トランクルームの活用で家をキレイに!

subimg03トランクルームを活用する事によって家をキレイにする事ができます。まず不要な物を移動させる事ができると言う部分が1番の理由になります。部屋の中に不要な物がある方も多くいます。捨てれば良いのですが、いつか使うかもしれないと考えてしまう事によって、捨てる事ができなくなってしまう場合が多くあります。これではいつまでも部屋の中が汚れている状態になってしまいます。また物置の中からも物を無くす事ができるでしょう。物置の中が自分の所有物で一杯になってしまっている方も多くいます。物置が一杯になってしまうと、結局部屋の中が汚れてしまうと言う事になります。物置があるから契約をしなくても良いと考えてしまう方もいますが、それではいつまでも汚れたままになりますし、整理をする気にもならなくなってしまいます。物置や部屋から荷物を移動させたいと考えてもどこを借りれば良いのか分からない状態になってしまいなかなか契約をする事ができない場合もあります。その際は契約をする際の注意点を考えるようにしましょう。

契約をする際は、自宅からなるべく近い場所を選ぶようにしましょう。これは非常に大事な部分になってきます。トランクルームを契約して活用をしようと考えていても離れた場所に契約をしてしまうと、荷物の移動が面倒になってしまい、運ばないままになってしまったと言う場合もあります。これでは契約をしても家をキレイにする事ができません。自宅から近い場合は、頻繁に運び入れる事ができる、または使いたいと考えている物を持ってくる事ができるので、問題なく利用をする事ができるでしょう。遠くても良いので安い場所を探すのではなく、少し高くても良いので近い場所を探すと言う事を心がけるようにしなくてはなりません。

今現在トランクルームは増えてきていますが、利用をしている方はまだ少ない状態です。そのため自宅に近い場所でも空きがある可能性も十分にあります。実際に契約をして利用をしている方は、家の中がキレイになったので利用をして良かったと考えている場合が非常に多いです。迷っている方はすぐに契約をするために下見に行ってみると良いでしょう。下見をする際は、どれくらいの広さがあれば良いのかも考えてみましょう。自分の所有物を入れる事ができない広さだと契約をしても活用をする事ができなくなってしまいます。自分の所有物を入れるためにはどれくらいの広さがあれば良いのかをしっかりと考えてから契約をする事を考えるようにしましょう。

カテゴリー
コラム

会社を選ぶ時に気を付けるポイント

subimg02トランクルームは色々なところに設置されていて、タイプもいろいろとあります。そして、提供している会社によって料金体系や契約の仕方が変わってきます。そのため、会社選び方としてはホームページなどで料金はもちろんのこと、部屋のタイプなどもしっかりと比較をして決める必要があります。そして、色々なところをまとめている検索サイトもあり、そちらを利用することですぐに比較をすることができます。たとえば、神奈川など地域を絞り検索をすることができます。そして、室内型や野外型のほか、空調設備が整っているところもあります。そのため、中に入れる物によって気を付けなければなりません。特に気を付けるポイントとして提供している会社によって制限をしているところもあります。基本的には、細かく指定をしていないことが多いのですが、生き物の保管はできないという条件があります。

そして、室内の使い勝手も確認をしておく必要があります。せっかく広いところを借りても形によって使い勝手が変わってきます。あまり細長い所だと、通路を確保しないといけないこともありなかなか取り出しにくくなります。もちろん、条件に納得したうえで借りれば、安めになっていることもあり借りやすいというメリットもあります。そして、季節ものなどを一時的に保管をしたいのであれば、逆に安くて使い勝手もいいのでメリットがあります。

そして、大切な荷物を入れることもあり、防犯設備や駐車場などがしっかりと完備されているところを選ぶ必要もあります。特に、最近は防犯カメラなどが設置されるようになり安全に保管ができるようになっていますが、鍵が南京錠などになっているところでは入れるものを考えなければなりません。そして、基本的には24時間365日出し入れができるようになっているのですが、コンテナタイプなどは時間の制限などがあるので確認をしておく必要があります。その分、誰でも取り出せないためセキュリティ面ではかなり高い物件です。そして、レンタルをするにあたって火災保険などに加入をしなければならないこともあるので、その点に関しても事前に確認が必要です。そして、どのタイプを借りるときでも現地と現物を見て最終的に契約を結ぶことが必要です。しかし、セキュリティ面からも内覧ができないこともあるので、その点はホームページや写真で確認をすることが必要になります。そして、契約期間によって料金が違うこともあり、見積もりをしてどのくらいの金額になるのかも見ることがポイントです。

カテゴリー
コラム

借りるときにここは注意!(失敗しないコツ)

subimg01トランクルームは金属でできたコンテナに普通のドアを取り付けて出入りできるようにした貸しスペースです。この貸しスペースは全国各地の幹線道路沿いの敷地に時折散見することができます。さてそのトランクルームを借りるときにはいくらかの注意点を要します。この注意を怠れば借りて後悔をする原因を誘発するからです。まず最初の注意はそこへ運ぶ荷物の中身となります。同じ荷物といえどもその中身は様々で、紙でできた本などもあれば、精密機械のような家電製品などもあったりします。実のところこの貸しスペースは大きく2つのタイプが存在しています。1つは空調がまったくない基本的なタイプで、もう1つが室内にエアコンを取り付けている空調付きのタイプとなります。空調付きのタイプのほうが一般的には利用料金が高めな傾向があります。ただ精密機械のような温度や湿度変化で状態が悪化しやすいようなモノは失敗しないコツの1つとして空調付きのタイプを選択しておく必要があります。そうでないといざ取り出して使用を再開しようとしても使い物にならない可能性が高くなるからです。なおそれに関連する注意は、ここではペットなどの動植物や飲食物などを入れたりしないこととなります。飲食物は空調付きでも腐りやすいし、動植物は生命の保証がないからです。

次なる注意はその貸しスペースへ行くための手段となります。多くのそれらは駅前ではなくて駅から相当離れた幹線道路沿いに存在をしています。となると運搬手段は車が必須となります。そのため車を所有していて、かつ免許があり、さらに周辺道路状況に慣れてる必要があります。そのためどこでもいいというわけではなく、できるだけ近いまたはアクセスしやすい道路状況であるか否かが利用しやすいか否かの焦点となります。

さらにそのトランクルームはトランクが置かれてる状態が屋外式と屋内式の2つがあります。屋外の場合はスペース上の都合でトランクが2段重ねになってる場合が多く、上段のトランクにアクセスするには移動式の階段を使って上り下りしなければなりません。そのため相当大きな重たそうな荷物の場合は、上段よりも下段を契約したほうが失敗をしない確率を高くします。また屋外式は天候やホコリなどに左右されやすいため、濡れたりホコリに対して過敏な荷物は屋内式のほうがリスクを少なくすることができます。同様に雨の日でも出し入れしなければならないような日が多いときも屋内式のほうが利用しやすくなります。